お知らせ

会員の皆様へ
医療関係の皆様へ
一般の皆様へ

一般の皆様へ

小児の緑内障

■はじめに
小児の緑内障は、眼の隅角(黒目と白目の境目。ここに眼内を循環する水の出口がある)という部分の異常が原因で眼圧が上昇して、視神経が障害されて、視野が狭くなる病気です。誕生直後や生後早期から発症する原発先天緑内障、軽度の隅角の異常で発症が遅れる若年開放隅角緑内障、眼の形成異常や全身の病気に関連する続発小児緑内障に分けられます。
■症状
原発先天緑内障は高い眼圧によって眼球が膨らんで、流涙(涙が多い)、羞明(光を極端にまぶしがる)、眼瞼けいれん(まぶたがピクピク動く)、角膜混濁(黒目が白くにごる)、角膜径拡大(黒目が大きくなる)といった症状が現れます。原発先天緑内障の場合は、できるだけ早期に発見し治療をするのが望ましいので、このような症状がみられましたらすぐに眼科を受診してください。若年開放隅角緑内障の場合は眼球の拡大を来さず、自覚症状も少ないため、発症に気づかないこともあります。
■原因
原発先天緑内障や若年開放隅角緑内障の原因ははっきり分かっていません。続発小児緑内障の原因としては、眼の形成異常、すなわち眼球の構造物のうち虹彩(無虹彩症、茶目がない)や角膜の成長異常 (ペータース異常)があります。子供の緑内障の原因となる全身の病気はDown症や代謝異常(体の酵素の異常により新陳代謝やエネルギー産生ができなくなる)、全身の血管の異常を原因とするSturge-Weber症候群などがあります。また、外傷やステロイド投与により後から緑内障になることもあります。
■診断
小児緑内障の診断には、眼圧検査、隅角検査、眼底検査などが必要になってきます。小さいお子さんでじっとしていられず検査がうまくできない場合は催眠剤を用いる、あるいは全身麻酔をかけて検査するということもあります。
■治療・管理
原発先天緑内障は薬物治療の効果が乏しいため、手術治療が第1選択になります。一般に、線維柱帯切開術、もしくは隅角切開術という手術を行います。1回の手術で眼圧が下がらない場合は、複数回の手術が必要になり、またその後も生涯にわたる経過観察が必要です。眼圧が下がった後も、近視や角膜乱視が残っていることがあります。そのような場合は視機能の発達が妨げられるため、眼鏡をかける、アイパッチを使うなど、弱視に対する治療を行います。
若年開放隅角緑内障は、まずは薬物治療からスタートし、薬物で眼圧が十分下がらない場合に手術を行います。喘息や心臓の病気がある場合、治療に使用できない薬物がありますので、そのような場合はあらかじめ眼科医に伝えてください。続発小児緑内障はその原因に応じて薬物治療や手術を行います。
小児緑内障は、小児における重篤な視覚障害の原因となる病気ですので、できるだけ早期に発見し、診断・治療を受け、視機能の発達を考えた弱視治療が必要です。

前のページに戻る