小児眼科を専門とする医師

全国において、小児眼科診療を専門に行っている医師の一覧が、掲載されています。

  1. 小児眼科を専門とする医師
  2. ここに掲載を希望される医師の方々へ

お知らせ 一般の皆様へ

眼瞼下垂

■はじめに
眼瞼下垂とは上眼瞼(上まぶた)が下がっていて、十分に目が開けられない状態をいいます。先天性のものと成長期に発症する後天性のものがあり、また、両眼性と片眼性があります。後天性の場合には脳や全身の病気が隠れていて、その最初の症状が眼瞼下垂の場合もあります。
■症状
両眼とも明らかにまぶたが下がっている、左右で目の開き具合に差があるなど、外見で容易に判断出来るものが多いと言えます。また、物を見る際にあごを突き出す様に上げたり、顔をそむけたり、頭を傾けたりする場合もあります。一見、目の開き方に問題がない様に見えても、実際には目を開けようとして額にしわを寄せていたり、眉毛が上がっていたりする場合もあります。
眼瞼下垂が高度の場合、その目を使わないことや乱視を合併するために、視力の発達が遅れたり両眼視機能の不良を伴う斜視を発症したりする場合があります。
■原因・診断
先天性の場合、ほとんどが瞼を挙げる筋肉(上眼瞼挙筋)の形成や発達の不良によるものです。まれにホルネル症候群という先天性の交感神経障害が原因で眼瞼下垂を起こす場合があり、同時に顔面の発汗低下や瞳孔の異常、虹彩(茶目)の色素異常を伴います。後天性もあり、この場合は腫瘍をはじめ全身の検査が必要です。
この他、後天性の原因としては以下のものがあります
・ 動眼神経麻痺:外傷、髄膜炎などの感染症、頭蓋内疾患などが原因です。眼球運動障害などは目立たず、眼瞼下垂のみで発症する場合があります。
・ 慢性進行性外眼筋麻痺:眼筋ミオパチーに代表される外眼筋の麻痺で眼瞼下垂および眼球運動障害の進行がみられます。
・ 重症筋無力症:神経と筋接合部の伝達が障害される病気です。眼筋型と全身型に分類されます。小児期に発症する場合は全身型でも眼瞼下垂や眼球運動障害などの外眼筋症状で発症することが多いとされています。
・ マーカスガン現象:あくびや水を飲むなど顎の運動に伴って上眼瞼がピクピクと上方に不随意に動く病態です。上眼瞼挙筋と咀嚼筋である外側翼突筋のそれぞれ支配神経が先天性に異常な連絡を持っていることが原因です。成長に伴い眼瞼下垂となる場合があります。
■治療・管理
上眼瞼挙筋の形成不全の場合、生後間もなくは目が全く開かない状態でも1、2ヶ月の経過で次第に瞼が上がって来ます。遅くとも生後6ヶ月頃から弱視や斜視の予防、治療を目的に眼科で定期的に診察を受ける必要があります。また、整容が必要な場合は手術が行われます。後天性では先ずそれぞれの原因治療を行いますが、治療に反応せず眼瞼下垂が改善しない場合は手術による矯正が必要になります。

前のページに戻る