お知らせ

会員の皆様へ
医療関係の皆様へ
一般の皆様へ

医療関係の皆様へ

5歳未満の小児に関する運動・座位活動・睡眠に関するガイドライン

小児の健康な成長に関するWHOのガイドラインが2019年4月24日に新たに発表されました。

運動や睡眠の時間のみならず、デジタルデバイスの使用時間に関しても基準が設けられています。

「5歳未満の小児に関する運動・座位活動・睡眠に関するガイドライン」より抜粋
2歳未満:Screen timeは推奨されない
2歳~4歳:Screen timeは1日1時間未満
Screen timeとは、テレビ・ビデオ・コンピューターゲームを座って見続けることと定義しています。

詳しくはオリジナルのガイドラインとWHOのニュースサイトによる抜粋をご覧下さい(英語)。

小児診療に携わる皆様へ

手持ち自動判定機能付きフォトスクリーナー装置、Spot Vision Screener(以下SVS)の運用に関して、小児科と眼科のよりよい連携が進められるよう、関連学会としてマニュアル第1版を作成いたしましたのでご参照ください。

小児科医向けSpot Vision Screener運用マニュアル第1版

今後とも、小児眼科診療へのご理解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

三歳児健康診査における視覚検査について

日本小児眼科学会の提言

1.三歳児健康診査における視力検査は三歳六か月頃に行うのが効率的です。
2.一次検査として家庭で行う視力検査の精度を向上させるためには、保護者に対して
  家庭での検査が視覚異常の早期発見に大切な機会であることを啓発し、視力測定を
  マニュアル通り正しく行い、結果をアンケート用紙に丁寧に記入していただくことが
  重要です。家庭に送付する三歳児健康診査案内と視力検査法の説明文を、現行のもの
  からより分かりやすいものに見直す作業も必要と思います。一次検査ができない
  場合にも、必ず二次検査を受けるように啓発する必要があります。
3.三歳児健康診査において、視覚異常の検出精度を向上させるためには、市区町村が
  指定する会場で行う二次検査で問診、視力検査に加えて、オートレフラクトメータ
  あるいはフォトスクリーナー等を用いた屈折検査や、両眼視機能検査を併用する
  ことが望ましいです。
4.二次検査においては視能訓練士の参加が、検出精度のさらなる向上に寄与すると
  考えます。
5.二次検査で要精密検査の判定を受けた児では、その結果をフォローアップする体制が、
  きわめて重要です。

障害年金診断書(眼の障害)様式の変更

眼の障害による障害年金診断書の様式が変更になりました。主に視野障害の結果記入と瞳孔・まぶた・眼球運動所見の追加です。

下記項目をクリックしてご覧ください。4は全科共通の情報です。
1.「障害年金の診断書(眼の障害)」を作成される医師の皆さまへ
2. 変更後の様式の診断書(眼の障害)
3. 診断書作成の留意事項(眼の障害)
4. 診断書を作成する医師・医療機関の皆さまへ

なお、障害年金を取り扱う日本年金機構のURLは下記の通りです。
www.nenkin.go.jp/n/www/section/index.html

アバスチン改訂のお知らせ

抗血管新生因子薬bevacizumab(アバスチン®)の本邦の供給会社で、使用上の注意等が変更となりました。

詳しい内容はこちら
使用上の注意等改訂のお知らせ

小児の弱視等における治療用眼鏡・コンタクトレンズに関する療養費の支給について

眼鏡およびコンタクトレンズの作成においては、小児の弱視、斜視および先天白内障術後の屈折矯正の治療として用いる場合、その作成費用が健康保険の適用となります。
負担割合以外の額が療養費として償還払い扱いで、給付されます。

対象年齢は9歳未満で、上記の治療用に限られます。一般の近視、遠視、乱視などの屈折矯正に用いる眼鏡やコンタクトレンズ、アイパッチ、フレネル膜プリズムは対象となっていません。

また一度作製すると、その後の再作成に対する支給の対象は、5歳未満では前回の給付から1年以上後であること、5歳以上では前回の給付から2年以上後であること、となります。その間は支給の対象となりません。これは紛失、破損、再調整のいずれも同様です。

申請に必要な書類は以下のとおりです。
 1.療養費支給申請書(加入している健康保険組合窓口等にあります)
 2.眼科医の「治療用眼鏡等」の作成指示書(処方箋)の写しおよび検査結果
 3.購入した「治療用眼鏡等」の領収書

詳しい手続きに関しては、以下に掲載されています。

日本眼科社会保険会議
http://www.nichigan.or.jp/member/syaho/ryoyohi.jsp

マニュアル・ガイドライン

■乳幼児健診
・乳幼児健康診査身体診察マニュアル(2018年3月)
 https://www.ncchd.go.jp/center/activity/kokoro_jigyo/manual.pdf
・小児科医向けSpot Vision Screener運用マニュアル Ver.1(2018年7月)
 http://www.japo-web.jp/_pdf/svs.pdf

全国の小児眼科の研究会・講演会

制作中です

小児眼科の文献・書籍

制作中です

研修募集

制作中です

視能訓練士について

初めて聞く方も多いと思いますが、視能訓練士は、主に小児の弱視や斜視の視能矯正や視機能の検査をおこなう国家資格を持つ専門技術職として日本では1971年に誕生しました。視機能のスペシャリストとして、乳幼児からご高齢の方まで世代を超えて皆さまの大切な目の健康を守るお手伝いをしています。
視能訓練士は眼科で主に4つの分野を担当しています。

「視能矯正」視覚の発達する年齢は限られています。お答えを引き出すのが難しい低年齢の小児の視機能検査をおこない、弱視や斜視に対しての視力向上や正常な両眼視機能の獲得を目的とした視能訓練をおこないます。

「視機能検査」人間の眼は、とても複雑で大切な器官であるため、多くの検査があります。視力検査・屈折検査・眼鏡処方検査・コンタクトレンズ検査・視野検査や、眼の奥の写真や組織の断層を撮影する画像診断検査、正確な手術をおこなうための手術前の検査など様々な眼科一般検査および精密な特殊検査も担当します。医師の診断や治療に必要な的確なデータを提供し、眼科医療をサポートしています。

「健診(検診)業務」母子保健センター等で実施される3歳児健康診査における視覚検査や成人の生活習慣病検診などにも参加し、眼疾患の早期発見にも貢献しています。

「ロービジョンケア」小児期の先天眼疾患や眼の慢性疾患、事故による眼外傷などにより視機能が低下し状態(ロービジョン)となった方に視機能検査おこなうことはもちろん、普段の生活において実際にどんなことで困っているのかを聴き取り、日常の見えにくさの程度や状態に合わせて「光学的な補助具(ルーぺやまぶしさを軽減する遮光眼鏡等)」を選定します。さらに「日常生活における便利な工夫の紹介」や、できる限り快適に生活できるようアドバイスし支援する役割を担っています。

公益社団法人 日本視能訓練士協会 http://www.jaco.or.jp/